体育・スポーツの家庭教師 スポーツファクトリースキップ 運動もスポーツも体育も「楽しい」「うれしい」「面白い」を通じて伸ばします


スポーツファクトリースキップ 代表 江原直紀
スポーツも勉強も「楽しい事」というのが本質です。体育の家庭教師といっても、スキップでは笑いの絶えない指導を目指しています。
スポーツファクトリースキップを是非ご利用下さい。
>> スキップについて
スキップの実績
テレビやラジオ取材
スキップサマーキャンプ
親子のふれあい「親子体操」
講師のご依頼
幼稚園・保育園の園内体育指導
学生スタッフ募集
江原直紀公式ブログ「一生、わらべ心。」
NHK取材 2009年8月16日
 
NHK国際放送局の「NEWS LINE」というニュース番組でスキップが取材されました。英語による海外向けのニュース番組ですので国内での視聴はできませんが、NHKワールドホームページのライブストリーミングとオンデマンドで視聴する事ができます。
NHK国際放送局「NEWS LINE」でスキップが取材されました
特集コーナーで取り上げられ、6歳の会員様(むつみ君)と共に取材を受けました。子ども達の運動不足や子ども達をとりまく環境をテーマとして、体育の家庭教師についての取材を受けました。

放映されたデータをそのままお見せできれば一番いいのですが、放映権や著作権の問題などで動画を掲載する事が出来ません。代わりに放映された内容を流れでご紹介致します。(意訳の翻訳となりますので、多少内容のニュアンスが違う事もありますがご了承下さい。)
 
特集「KIDS WHO CAN'T PLAY」
ナレーション 最近の日本の子ども達は、昔のようにはいきません。長い休みは、子ども達が身体能力を高めるのに良い機会ですが、今ではそうではありません。最近の日本では、夏休みなのに道で遊んでいる子がいません。その代わりに、親達は子どもを学校のグラウンドであそばせます。

この私立幼稚園は、夏の間中、身体能力を高める場として開放されています。多くのお母さん達は子ども達と遊ぶために一緒にいます。子どもたちへの犯罪が最近多くなってきています。しかしここでは、高い壁が天国を与えてくれます。セキュリティカメラは常に稼動して全てのゲートやグラウンドを監視し、市役所により不審者情報などが先生達の携帯に送られます。
東京在住の
男性
昔、親達は子どもが監視なしで遊べるのを望んでいました。しかし近年は、近所は安全でないと考え、子ども達が安全に遊べる場所も少なくなってきていると思います。
ナレーション 子ども達は、昔このような公園に遊びに来たものです。6歳のあんじゅちゃんは、親が付き添う事ができる時だけ公園に来る事ができます。その時ですら、彼女が出来る事は制限されています。例えば、彼女がボールを投げる事はできません。なぜなら、たくさんの家が密集しているからです。
あんじゅちゃんの
お母さん
私達は近所の事を考え、ボールを投げる事すらできません。遊ぶのに良い場所を見つけるのは大変です。
ナレーション それゆえに、彼女は必然的に家の中で遊ぶ事になります。あんじゅちゃんは運動不足を補うために、このようにしてゲームで運動をします。しかし、彼女の運動能力は全体的に発達していません。

政府の調査によると、1985年以来、「走る事」「投げる事」「握力」などといった、日本の子ども達の身体能力に低下があると言います。外で遊ぶ機会の少なさとは別にしても、たくさんの子ども達は放課後の塾などで忙しいです。

それゆえ、子ども達の身体能力不足を向上させるために、新しいサービスが生まれました。これは、運動を専門とする特別な家庭教師です。運動能力が不足している子どもがいる親達は、このような家庭教師を雇います。

NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材6歳の平田むつみ君は、スポーツが好きではありません。彼は簡単なスポーツですら、どのように腕や足を動かすかといった指導が必要となります。運動の家庭教師は、こういったエクササイズを通して、彼を子どもの基本的な身体能力にまで持っていきます。

これはプログラムのひとつです。縄跳びを使ってエクササイズするだけで、腕の筋肉はより強くなります。
スキップ末光 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材最近の子ども達は、運動的なチャレンジが好きではなく、自発的に運動する率先力を持っていません。だから私達は、体を強くさせながら、子どもと一対一で「あそぶ」ようにしています。
ナレーション 母親はサポートする役割を負います。家に戻り、母親は息子の進歩を補い、彼を励まします。2年半の家庭教師レッスンを受けた後、この少年はどうやって自分の体全体を効果的に使うかを学びました。
むつみ君の
お母さん
昔を考えてみると、私達は他の子ども達との相互作用で身体能力を鍛えてきました。しかし、今日ではそのような機会は劇的に減ってきています。私達両親や大人たちは、子ども達に刺激を与えるために私達の考え方から抜け出さないといけません。そうでなければ、子ども達は上手に動く事ができなくなります。
ナレーション 昔、子ども達は、周りの子ども達と遊びながら成長していきました。そして、自然に体を鍛えていきました。今の子ども達は、同じような結果を得るために大人からのサポートが必要となるでしょう。
NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材
NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材
NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材
NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材
NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材 NHK国際放送局「NEWS LINE」の取材
江原直紀の感想
鉄棒の逆上がりができるようになるためにどんな事が大切か、固定遊具を使ったプレジャートレーニングを中心にご紹介させて頂きました。

英語による海外向けのニュース番組ですので国内での視聴はできませんが、NHKワールドホームページのライブストリーミングとオンデマンドで視聴する事ができます。是非ご覧下さい。

スキップではこの他にもTV、ラジオ、新聞、雑誌等の取材申し込みをお待ちしております。お気軽にお問い合わせ下さい。是非この事業を多くの人に知って頂き、スポーツ、運動嫌いの子が居なくなるように願っています。
>> 取材のお申し込みはこちら
>> 取材履歴一覧に戻る
 
  更新履歴サイトマップ | リンク
   
体育・スポーツの家庭教師 スポーツファクトリースキップ お電話でのお問い合わせは052-482-4448まで
お問い合わせはこちらからどうぞ
 〒453-0811 愛知県名古屋市中村区太閤通9丁目19番地 2F
 E-mail:info@sf-skip.com